人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

ディズニーに0歳から3歳までの子供と行く快適に楽しむ方法!後編

2018/03/30
 
子どもと行こう!ディズニーリゾートへ後編
この記事を書いている人 - WRITER -

 

まだ、ディズニーに0歳から3歳までの子供と行く快適に楽しむ方法!前編お読みになっていない方は、そちらの記事から読んでみてくださいね。

 

2018年4月15日に、パーク史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年Happiest Celebration!が2019年3月25日まで開催されます!

 

「子供とディズニーリゾートに行こうかな!」というお母さんのために後編も書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!

 

 

 

ミルクや離乳食は持参しよう!

 

母乳のみであればいいのですが、ミルクや離乳食は必要な分を持って行った方が無難です。

 

【ベビーセンター】では持って行くのを忘れたり足りなかった場合に

 

  • 離乳食が7カ月ごろからと9カ月ごろから

 

  • ミルクはキューブタイプ

 

  • ガラス哺乳瓶

 

上記の商品を購入することはできます。

 

ディズニーリゾートで買える赤ちゃんグッズ

 

しかし、飲み慣れているミルクや食べ慣れている離乳食の方が、出先では安心できると思うので荷物は増えますが、できるだけ持って行きましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

ディズニーリゾートのベビーカーの注意!

 

ベビーカーはなるべく使い慣れたものを持参した方がいいのですが、我が家のように生後半年の息子と3歳の娘だと、ひとつはディズニーリゾートで借りることになると思うのです。

 

さすがに1日中広いパークを歩き続けることは3歳の娘には、とても過酷です。

 

 

そんなときに気を付けることは、ディズニーリゾートのベビーカーは日よけが少し頼りないです。

 

やはり、普段お昼寝をしない子でも、疲れて眠ってしまう子もいると思うので、日よけの上にかけるタオルや、ひざ掛けがあると良いと思います。

 

頼りないベビーカーの日よけにタオルをかけてあげて!

 

風で吹かれて飛んでいかないように、100均のクリップを持っていて留めて使用しました。

 

それでも日差しは当たってしまいますが少しはマシになると思いますよ!

 

 

 

スポンサーリンク

夜の冷え込みには十分注意して!

 

2回とも娘の誕生日に合わせて11月に行きました。

 

娘が1歳のときは、まだ大丈夫だろうと、娘にはパーカーとひざ掛けを用意して持って行きましたが、ディズニーシーは本当に寒く、ダウンがあってもいいくらいでした!

 

ですので、息子が生後半年・娘が3歳の2回目は、真冬にする格好を全て持って行くことにしたのです

 

ディズニーに到着したら、まず夜に着る服をコインロッカーに預けます。

 

夜に着る服はコインロッカーへ!

 

時間が経つほど、コインロッカーの空きがなくなるので着いたらすぐがベストですよ!

 

 

そして、夕方寒くなる前にお土産を買っておき、コインロッカーにある、夜に着る服と入れ替えるのです。

 

夜は暗くなり、疲労も増してくるので、要らない荷物も入れておくと楽ちんです!

 

 

 

スポンサーリンク

誕生日の思い出を残そう!

 

キャストに誕生日を伝えてシールをもらおう!

 

キャストに「誕生日です!」と伝えるとバースデーシールを貰うことができます。

 

これ知らない人はいないかもしれませんね。

 

我が家の息子は初めてのディズニーリゾートなのでパークデビューシールを貰いました。

 

 

3歳の娘の誕生日にもバースデーシールを貰ったのですが、貼りたがらなく、きれいなままですが、1歳のころは1日貼っていて、剥がれてきたり、よれてきたりしました。

 

素直に「汚れてしまったのでもう1枚欲しいのですが」と何度ももらいました。

 

もし、記念にきれいなシールが欲しい!という場合でも、もらえますので、ぜひキャストに声をかけてみてくださいね!

 

 

 

キャラクターと写真を撮ってフォトキーカードに入れてもらおう!

 

ミッキーやミニーと写真を撮ることができる、キャラクターグリーティングをこれでもかってほど使い倒しました(笑)

 

怖くて泣いてしまう子は、少しかわいそうな気もしますが、我が子は泣くことはなかったので、乗り物をほとんど乗らない代わりにキャラクターに会いにいきました。

 

ミニー大好きな娘

 

写真を撮ったら、ディズニーリゾートでオリジナル台紙付きの、撮影した写真を買うことができるのです。

 

 

1セット1,540円(税込み)ですが、ディズニーランドは

 

  • トゥーンタウン・ミッキー

 

  • ウエスタンランド・デイジー

 

  • ウエスタンランド・ドナルド

 

絶対に会いに行けば撮影できるキャラクターが3つ。

 

と、いうことは…
1,540×3=4,620円かかるのです。

 

 

ディズニーシーは

  • アメリカンウォーターフロント・シェリーメイ

 

  • アメリカンウォーターフロント・ダッフィー

 

  • ロストリバーデルタ・ドナルドダック

 

  • ロストリバーデルタ・グーフィー

 

  • ロストリバーデルタ・ミッキー

 

  • ロストリバーデルタ・ミニー

 

  • マーメイドラグーン・アリエル

 

まだ、あるかもしれませんが、とりあえず7つ。

 

 

1,540×7=10,780円

 

ランドとシー合わせて15,400円!!!!

 

 

台紙がどうしても欲しい人以外は、家に帰って写真を注文した方がいいと思います。

 

私は、オンラインフォトでスナップフォトCDを購入しています。

 

スナップフォトCD

 

オンラインフォトではスナップフォトCDの他に、先程の台紙付きの写真や、イラストフォトなど購入することが可能です。

 

 

スナップフォトCDは

 

  • 1~3カット 3,600円(税込み)

 

  • 4~80カット 5,660円(税込み)

 

この料金で購入することができるので、私は4~80カットを選び、5,660円で写真を購入し、自分で好きなアルバムを作っています。

 

ですので、フォトキーカードいっぱいに写真を入れてもらうことをおススメしますよ!

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

2018年4月15日に、パーク史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年Happiest Celebration!ぜひお子さんを連れて、お母さんもリフレッシュしてきてくださいね!

 

そのためには、パークの便利な施設や、注意することを事前に予習して、計画をしっかりたててお出かけください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA