人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

堀尾跡公園の桜を見ながら屋台を楽しもう!五条川の桜は毎年圧巻!

 
五条川・堀尾跡公園桜
この記事を書いている人 - WRITER -

 

最近は雨が降ることなく、お花見には最高の日々が続いていますね。

 

すでに葉桜になっている、地方もあるのではないでしょうか。

 

私は先日、家族で愛知県の五条川の周りを歩き、桜を堪能しました。

 

今回初めて知った【堀尾跡公園】のご案内もしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

五条川に続く【堀尾跡公園】の桜

 

桜が咲く季節になると、必ず見に行く五条川の桜ですが、いつもは車で五条川の横を走るだけでした。

 

今年は娘も大きくなり「桜きれいだね」と言うようになったので、「歩いて桜を見よう!」と思い、五条川の横を桜を堪能しながら歩きました。

 

五条川桜

 

今年はとても暖かい日が多く、すでに葉桜の部分もありましたが、やはり私の知っている中で五条川に咲く桜が一番のような気がします。

 

桜の本数が半端ないので、ピークの時は本当に感動します。

 

五条川桜

 

 

歩き続けると、公園のような広場に大勢の人がいることに気が付きました。

 

そこは【堀尾跡公園】でした。

 

屋台も並び、子供たちは水遊びを楽しみ、そんなワイワイとにぎやかな場所にたどり着いたのです。

 

屋台の上に桜が広がる

 

 

【堀尾跡公園】から見える桜も、また立派でした。

 

屋台の上には、桜が広がっていたのです。

 

 

 

スポンサーリンク

【堀尾跡公園】はどんなところなの?

 

【堀尾跡公園】の一番の見どころは【裁断橋】だと思います。

 

裁断橋を渡っていながらも、桜と娘だけをカメラに納めていたのです!!!

 

「裁断橋、きれいな橋だな~」と思い写真を撮ってないなんて…。

 

 

帰ってきてから裁断橋の写真がないことに気が付きましたので、Googleマップ様にお世話になることにしました。

 

下の橋が【裁断橋】です。

 

 

大正時代まで愛知県熱田区には精進川が流れており、東海道には裁断橋が架けられていました。

 

 

 

「裁断橋物語」と言う、お話は聞いたことあるでしょうか?

 

1590年に18歳の堀尾金助は戦へと出かけるために、祈願を兼ねて「裁断橋」で母に見送られました。

 

しかし、戦死で帰らぬ人となってしまったのです。

 

我が子を想う母は、供養のために金助がなくなった翌年に「裁断橋」を架け替えました。

 

そして、33回忌にも再度架け替えを行っていますが、1926年に川が埋め立てられ橋は撤去されたそうです。

 

名古屋市の文化財として指定されましたが、橋の損傷に伴い、現在は名古屋市博物館に収蔵されています。

 

 

愛知県大口町に堀尾氏の城跡があったことから、現在は【堀尾跡公園】となっており、「裁断橋」が架けられています。

 

【堀尾跡公園】には金助と金助の母の物語が、人々に伝わっていくように、物語も書かれていますよ。

 

 

 

4月の第一日曜日は「金助桜まつり」が開催されています。

 

残念ながら、私はそれを知らずに前日の土曜日に出かけ、【堀尾跡公園】の存在を知ったのです。

 

 

裁断橋物語を人々に伝えていく【堀尾跡公園】ですが、桜の季節だからか屋台もあり、桜を見ながらベビーカステラを食べました。

 

桜の下でベビーカステラを食べる

 

 

今回は桜と、屋台に気を取られていたので、またゆっくりと「裁断橋物語」を見てきたいなと思っています!

 

 

 

帰りの途中でこんなきれいなお花にも出会うことができました!

 

なんていう名前のお花なんだろう…?

 

綺麗なお花

 

 

 

スポンサーリンク

【堀尾跡公園】の駐車場やお手洗いはあるの?

 

駐車場情報

 

駐車場は恐らく20台くらいは止めることができるかな?と思う広さです。

 

空いている平日なら、止めることは可能だと思いますが、花見の季節や夏休みなど、堀尾跡公園に集まる人が多いと、混雑して止められないかもしれませんね。

 

 

お手洗い

 

とてもきれいなお手洗い場があります!

 

私が見たお手洗いは八角形の形をした、お手洗い場でした。

 

公園でこれだけきれいなお手洗いだと、子供を連れて出かけたときも安心できます。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

五条川に沿って歩いていくと、桜並木が続き、桜が咲く時期はお花見をする人でいっぱいです。

 

お花見をしている人たちの横を通って歩いていくと、【堀尾跡公園】にたどり着きます。

 

「裁断橋」という、五条川に架けられている橋とはまた違った橋が架けられており、桜と橋を一緒に写真に納めることができますよ。

 

桜の季節だけではなく、夏には小さな子供と水遊びに、秋には紅葉を楽しむことができます。

 

ぜひ、お出かけくださいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA