人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

【犬山祭り】春は桜と山車のコラボが最高!屋台情報もチェックしよう!

2019/04/26
 
犬山祭り
この記事を書いている人 - WRITER -

 

愛知県犬山市で開催される、春の【犬山祭り】毎年ものすごく多くの人で盛り上がります!

 

交通規制も多くなるほど人気ですので、桜と山車のコラボを見るためや、屋台を十分に楽しむためにも、ぜひ情報をチェックしてからお出かけくださいね!

 

スポンサーリンク

犬山祭りの日程や時間

 

春の犬山祭りは、毎年必ず4月の第1土曜日と日曜日の8:00から21:30に開催されます。

 

次回の犬山祭りは…↓

2020年4月4日(土)~5日(日)

 

土曜日・試楽祭(しんがくさい)
  • 8:00~9:00 各町内から針綱神社に向け車山出発
  • 9:40~10:40 13輌の車山が針綱神社に集結
  • 12:00~13:30 7輌の車山が順次「からくり」披露後犬山駅西口へ(駅前組)
  • 13:40~15:10 6輌の車山が順次「からくり」披露後、その場に待機(神社組)

 

【駅前組・6組】

  • 18:00 車山6輌が365個の提灯を点燈開始
  • 18:45 夜車山曳出式
  • 19:30 犬山駅西口を出発し城下町を運行し順次各町内に戻る
  • 21:45 各町内帰着

 

【神社組・7組】

  • 18:00 車山7輌が365個の提灯を点燈開始
  • 18:45 針綱神社を出発、城下町を運行し順次各町内に戻る
  • 21:45 各町内帰着

 

日曜日・本楽祭(ほんがくさい)
  • 8:00~8:30 各町内から針綱神社に向け車山出発
  • 8:40~9:20 13輌の車山が針綱神社に集結
  • 9:50~14:30 13輌の車山が順次「からくり」奉納後、二手に分かれて城下町を運行。北組(6輌)余坂に向け出発
  • 16:00 南組(7輌)は外町に向け出発

 

【北組・6輌】

  • 18:00 車山6輌が365個の提灯を点燈開始
  • 18:30~18:55 余坂を出発、車山6輌が針綱神社に向け出発
  • 19:55~20:05 針綱神社を出発、城下町を運行し順次各町内に戻る
  • 21:45 各町内帰着

 

【南組・7輌】

  • 18:00 車山7輌が365個の提灯を点燈開始
  • 18:40~19:10 外町を出発、車山7輌が城下町を運行し順次各町内に戻る
  • 21:45 各町内帰着

 

 

スポンサーリンク

犬山の山車は【車山(やま)】と呼ぶ

 

スケジュールを見て気づいた方もいるかもしれませんが、犬山では山車を「車山(やま)」と呼びます!

 

他地域では2層が多い山車ですが、犬山の車山は3層の構造になっていて【犬山型】と呼ばれています。

 

下層がお囃子(おはやし)所で、子供たちが太鼓を叩いたりしています。

 

最上層にはからくりが置かれ、中層は「中山」と呼ばれて最上層のからくりを動かす層になっているのです!

 

 

スポンサーリンク

【犬山祭り】13輌の車山を全部見たい!どこに行けばいい?

 

犬山祭りで13輌を全部一気に見られる場所は【針綱神社】です!

 

 

犬山祭りは屋台が並ぶだけではなく、華やかな車山(やま)が城下町を引き廻されることでとても有名です。

 

犬山祭りのはじまりは、今から約383年前の寛永12年(1635年)に犬山城の麓にある、針綱神社の祭礼として行われました。

 

車山は現在13輌あり、針綱神社へ集結します。

 

1日目の「試楽祭(しんがくさい)」ではからくりを奉納し、2日目の「本楽祭(ほんがくさい)」では、曳き手たちが車山の片方を持ち上げて一気に半回転する「どんでん」が行われます。

 

 

ですので、「13輌全てが見たい!」というあなたや、「【からくり】や【どんでん】が、見たい!」というあなたは針綱神社付近に行くことをおすすめします!

 

お昼ごろには集結していますので、針綱神社周辺は人でごった返しています!

 

小さなお子さん連れの方や、お年寄りの方は十分に注意をしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

夜車山は何時から行われる?

 

夜車山(よやま)は、1年分を表す365個の提灯を車山に付けていきます。

 

  • 1日目の試楽祭では、犬山駅西口からスタート
  • 2日目の本楽祭では、2カ所からスタート

 

車山が18時30分から21時30分ごろまで提灯に火を点して動き出します。

 

 

たまに、提灯がどこかに当たると燃えてしまっていることもあり、本当に火を灯していますよ!

 

夜車山もとても見ごたえがあり、きれいです。

 

 

 

スポンサーリンク

車を止めるならここに止めよう!

 

できるだけ公共交通機関をご利用くださいと呼びかけがされていますが、やはり家が近い人から車で行った方が楽という方まで、ものすごい車が集まります。

 

犬山城の駐車場として常設されているのは3つあります。

 

犬山城第1駐車場・犬山武道館北側

犬山城まで徒歩5分

  • 台数:140台(大型10台)
    • 料金:普通車300円(1時間)1日最大1800円(当日0:00~24:00)
      ※24時を過ぎると料金加算
  • 営業時間:入庫8:30~21:00(土日祝は8時開場) 出庫24時間可能

 

 

犬山城第2駐車場・内田防災公園

犬山城まで徒歩8分

  • 台数:123台
    • 料金:普通車300円(1時間)1日最大1800円(当日0:00~24:00)
      ※24時を過ぎると料金加算
  • 営業時間:入庫8:30~21:00(土日祝は8時開場) 出庫24時間可能

 

 

犬山城第3駐車場・犬山市役所

犬山城まで徒歩20分

  • 台数:150台
  • 料金:普通車200円(1時間)
  • 営業時間:24時間

 

 

一番近い犬山城第1駐車場はすぐにいっぱいになります。

 

 

私がおススメする駐車場は、臨時で解放される成田山の駐車場です。

 

 

歩く距離はそれなりにあるので、小さなお子さん連れは犬山城第2駐車場など有料の駐車場のほうが近くはなりますが、成田山は午前中に行けば比較的車を止めることができるのでおすすめです。

 

あと、無料というのも大きなポイントかなと思います。

 

桜を見ながら、歩いてお祭りに向かうのもいいですね!

 

 

下の地図のように青い点線を歩いていけば一番わかりやすいですよ!

 

 

私たち地元人はかなり適当に歩いてしまいますが…。

 

 

スポンサーリンク

電車で来るなら犬山駅で降りよう!

 

電車で来るなら、もちろん降りるのは「犬山駅」です!

 

犬山駅西口から下りると、そこから針綱神社まで屋台が並んでいるので、歩いて楽しむことができますよ!

 

「犬山遊園」まで行ってしまうと針綱神社まで、屋台が無い中を歩かなければいけないので注意です!

 

「犬山駅」で下車して「犬山駅西口」へ下りてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

地元人が教える最適散策ルート

 

下の地図の青い点線の道路に屋台がズラリと並んでいます。

 

一ヶ所の大きな道路以外は歩行者天国になっているため、屋台を楽しみながら歩くことができますよ!

 

もちろん車山もこの道を通っていくので、歩く途中で車山を見ることもできるのです!

 

 

しかし、とにかく人が多いのですよ!

 

天気がいい日はものすごく人が多いです!

 

「疲れちゃったな~」と思ったら、私は横の道にそれて別のルートを歩いたりします。

 

だいたいはどこかにでます!

 

そんなに心配しないでくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

絶対に見よう!見ごたえたっぷりな車山!

 

犬山祭りに行くと屋台も魅力のひとつなのですが、私は犬山祭りと言えば【車山(やま)】だと思うのですよ!

 

先程もお話ししましたが、犬山では「山車(だし)」ではなく「車山(やま)」と呼んでいます。

 

この「車山(やま)」見たことがないのなら一日中居て、昼と夜の両方を楽しんでもらいたいと思います。

 

 

とくに感動するのが【車切り】と言って、男たちの力を合わせて、「車山(やま)」の向きを変えるのです。

 

 

動画で見るよりも実際の目で見る方が感動を味わえます!!

 

ぜひ、見てきてくださいね~!!

 

スポンサーリンク

犬山祭り春の屋台情報

 

~準備中~

 

スポンサーリンク

犬山祭り春に並ぶ屋台以外におすすめな食べ物はこれ!

 

春のお祭りに行くと、ものすごい数の屋台が並びます。

 

きっと、あなたもたくさん食べることでしょう。

 

 

私は春のお祭りに行くと必ず食べるものがあるのです。

 

またそれも人気なので、もっと穴場教えてよって思うかもしれませんね…。

 

少しずつご紹介していきたいと思います。

 

 

今回は最適ルート内で買えるもの2つに絞ってご案内しますね!

 

 

 

山田五平餅店

 

まずは、【山田五平餅店】です!

 

 

こんな風に目の前で団子を焼いて、木の器に乗せてくれます。

 

店内で座って食べられますので、小さなお子さんがいても大丈夫ですよ!

 

我が家はお祭りじゃなくても食べに行きます!

 

  • 住所:愛知県犬山市大字犬山字東古券776
  • 電話番号:0568-61-0593
  • 営業時間:11:00~16:30
  • 定休日:月曜日
  • 公式HP:山田五平餅店

 

 

 

芳川屋

 

2つ目に「芳川屋」です!

 

芳川屋ソフトクリーム

 

 

ここは、果物が売られているお店なのですが、ソフトクリームやかき氷なんかもやっています。

 

ソフトクリームやかき氷に果物を乗せてくれるのです!

 

お祭りの日はかなりの長蛇の列を作っていますが、おすすめのスイーツですよ!!

 

  • 住所:愛知県犬山市犬山東古券195-2
  • 電話番号:0568-65-9881
  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:月曜日
  • 公式HP:芳川屋

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

犬山祭りは

 

  • 1964年(昭和39年)愛知県の【有形民俗文化財】に指定

 

  • 2006年(平成18年)3月15日「犬山祭りの車山行事」として国の【重要無形民俗文化財】に指定

 

  • 2016年(平成28年)12月1日【ユネスコ無形文化遺産】に登録

 

文化財指定や文化遺産に登録されています。

 

 

 

犬山に住んでいない友人からすると、「犬山祭りはもっとしょぼいかと思った」と言う友人がほとんどです。

 

ですが、行くと「こんなに楽しいの!?」と言い、「毎年必ず行く!!」と360度考えが変わります!

 

ぜひ、朝から晩までとは言いません。

 

一日中楽しんでほしいですが、そこまでは言いません!

 

足を運んでみてくださいね!!

 

そして、感動の!【車山】を見てきてください!

 

犬山城周辺で桜がきれいなのはどこ?ドライブがてら桜を見よう!
↑ぜひ見てくださいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA