子供との毎日をハッピーに!ママのお役立ち情報

木嶋真優の私生活は変でも新時代天才の理由!私服もオシャレなA型女子

2019/07/27
 
木島真優
この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

 

木嶋真優さんが、2019年4月1日の21時から22時54分【深イイ話2時間スペシャル】に出演されます。

 

超変な私生活を送っている木嶋真優さんですが、新時代の天才と言われている理由があるのです!

 

そして、私服もとってもおしゃれ!

 

血液型は不明と答えているサイト多いですが、A型ですよー。

 

 

スポンサーリンク

木嶋真優はA型!他のプロフィールをチェック

 

まずは、木嶋真優さんはどんな人だろう?と思うアナタのために、軽くプロフィールを紹介したいと思います!

 

血液型は不明だという人や、「絶対にO型」という人がいますが、A型です!

 

 

 

木嶋真優さんは、1986年12月13日に兵庫県兵庫市で生まれています。

 

木嶋真優さんはヴァイオリニストなのですが、なんと3歳で始めて9歳でオーケストラデビューをしているのですね。

 

3歳からとなると、やはり親が子供にやらせるといった感じになってしまうと思うのですが、音楽が大好きな父親の正憲さんと、ピアノ演奏者の母親の真理さんとなると、「音楽は絶対!」となるのかもしれません。

 

私の友人も「音楽のない生活は考えられない」と男の子と女の子関係なしで、子供が全員ピアノ習っていますからね。

 

きっと、そんな環境で育ったのだろうなと思います。

 

 

 

3歳半になり何かをやらせたいと思ったときに、母親の真理さんは「ピアノを!」と思ったそうですが、「手が小さくピアノは早すぎるから、小型もあるヴァイオリンにしよう」と始めたそうです。

 

もちろん3歳半ですから、イヤイヤグズグズの練習だったと思うんですよ。

 

しかし、小学校2年生からは自分の意思で弾くようになり、しかも国内で数々のコンクールで受賞しているので、弾く楽しさを感じ始めた頃なのかもしれません!

 


木嶋真優さんと言えば、2012年NHK大河ドラマ「平清盛」で、吉松隆氏が作った曲を演奏したことで話題になりましたね!

 

楽譜も発売していて、紀行の音楽をいろいろな楽器で楽しむように販売もされていますよ!

 

ヴァイオリンだけではなく、オーケストラとピアノが合わさるハーモニーは、本当に鳥肌が立ちますよね~。

 

メロディーの中にどれだけの表情と意思を詰められるかが課題だったそうです。

 

 

スポンサーリンク

木嶋真優の私生活は超変だった!

 

 

ヴァイオリン一筋の生活を行ってきた木嶋真優さんですが、私生活がとっても気になりますよね。

 

超変な私生活だったことは、かなり有名な話のようです。

 

  • PASMOに料金をチャージできることを知らない
  • ドラム式の洗濯機の洗濯中はロックがかかってるのに無理やりこじ開ける
  • 掃除機の袋の交換方法がわからず壊してしまった
  • 60歳の男性がタイプ・イケメンNG
  • リモコンの電池が交換できない

 

こんなことがあるんだと!というびっくりなことばかりですね!

 

とくに洗濯機の洗濯中にロックがかかってなくても、回ってたら開けないですよ(笑)

 

ドラム式なんて特に、自分の方に水が流れてくるので開けたくないです!!

 

 

しかし、幼少期からヴァイオリン一筋の生活をしていて、日常的な作業である掃除機の袋を替えたり、リモコンの電池を替えたりすることをしてこなかったら、わからないかもしれませんね。

 

 

 

でも、それは新時代の天才と呼ばれる木嶋真優だから、面白いエピソードとして話題になるんですよ!

 

な~んもできない人だったら、「そんなこともできないの?」って天然では終わりませんから(笑)

 

 

木嶋真優さんはヴァイオリニストで天然炸裂だけど、たい焼き大好きという点が、またいい味出してるなって思います。

 

 

本当に人に好かれる人だと思いますよ!

 

 

スポンサーリンク

木嶋真優が新時代の天才と呼ばれる理由とは

 

木島真優

 

木島真優さんは3歳のころからヴァイオリンを始めたとお話しをしましたが、3歳となると自分の意思で始めるという事はまずなく、知らず知らずのうちにやっていたという事になります。

 

物心がついたころには、自分の手にはヴァイオリンがあって弾けているという状況なわけですよね。

 

そして、数々のコンクールで優勝も重ね、評価もされるわけです。

 

 

しかし、木嶋真優さんは現状に満足していません。

 

「小さい頃から何十年もキャリアを積み上げてしまうと、繰り返し弾くバイオリン協奏曲などは特に毎回のドキドキ感がなくなってしまいがちだ。5回弾いてもすべて異なる新鮮な発見があるというのが演奏家にとって理想。そのことに気が付いて、これからずっと現役でやっていくためには、今まで積み上げたものをいったんリセットし、もう一度ゼロから積み上げ直す必要があると考えるようになった」

 

 

私から木嶋真優さんさんを見ると、ヴァイオリンを弾く一回一回を丁寧にそして楽しくやっているんだという風に見えがちですが、やはり刺激がなくなり弾いているだけということも出てくるんですね。

 

 

 

やるなら毎回ワクワクドキドキして刺激を感じて「こんな世界もあったんだ!」と感じたいものです。

 

 

幼少期からものすごい力のある先生に指導をしてもらってきたのですが、自分自身の考えで音楽を作っていこう!と考え直したそうです。

 

 

そして、コンクールは若い頃に出場するものだと思われているなか、木嶋真優さんはヴァイオリンの評価を得ているにも関わらず、2016年に第1回上海アイザック・スターン国際コンクールに出場したのです!

 

 

 

 

私の勝手な考えですが、キャリアを積んできた人はプライドが邪魔して、コンクールなんて出られないんじゃないかって思うんですよ。

 

 

それでも、「これでコンクールはすべて卒業しよう」という思いでコンクール出場を決めた、その勇気はものすごい強い力になったと思います。

 

 

そして、コンクールは演奏するだけではなく、協奏曲のヴァイオリン独奏の即興部分を自作するという課題もあったのです!

 

 

演奏家でも、曲を作るところから関わるということは、うまく弾ければいいだけじゃないですよね!

 

 

【バイオリン協奏曲第1番】を演奏しみごと優勝した木嶋真優さんは「上海での優勝は長い音楽家人生の第一歩」だと思ったそうですよ!

 

 

現状に満足しないからこそ高い評価を得続けるヴァイオリニストだと思います!

 

 

スポンサーリンク

木嶋真優の1日に何度も着替える私服が気になる!

 

木嶋真優さんは1日に何度も着替えるほど超オシャレな方です!

 

と、なるとどんな服を着ているのか気になりますよね~!!

 

さっそく見てみましょう!

 

 

Twitterでクローゼットの中が公開されていましたよ!

 

普段着になるものはありますか?と聞きたくなるほど、よそ行きの洋服ばかりに思います。

 

やはりヴァイオリニストが着る服は、ふにゃっとした服はありませんね…。

 

 

そんな服を木嶋真優さんが着ると…こんな感じになりますよ↓

 

 

何を着てもおしゃれだし、1日に何度も着替えるという事は、着替えを何パターンか持って出かけるという事でしょうか?

 

海外にも何度も行くほどなので、服をたくさんもって出かけるという事も、さほど苦にならないのかもしれませんね!

 

 

それにしても背がとっても高く見え、スタイルがものすごく良いですよね!

 

実は木嶋真優さんの身長は155センチだとか!

 

えっ!私より低いの??ってびっくりしちゃいましたよ!

 

170センチって言われても、そっちのほうが納得しちゃうのに…。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

木嶋真優さんの私生活はいかがでしたか?

 

ヴァイオリニストは何でもできちゃう!というわけではなく、人は誰しも完ぺきではない!

 

だけど完璧ではないからこそ、その人の良さが引き立つんだなって思いました!

 

可愛らしさが見れて、私は大満足でした!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA