人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

ペルセウス座流星群2018北海道おススメの場所や時期は?イベントもチェック!

2018/07/27
 
ペルセウス座流星群
この記事を書いている人 - WRITER -

 

2018年のペルセウス座流星群は、8月13日10時ごろ流星群の活動が最も活発になる時期と予想されています。

 

北海道にお住いのあなたに、おススメの場所時期、そしてイベントもお伝えできたらと思います!

 

夏休み期間中ですので、ぜひ子供さんと一緒にお出かけくださいね!

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018年の見ごろの日にちや時間など時期はいつ?

 

ペルセウス座流星群

 

先程もお話ししましたが、ペルセウス座流星群の活動が最も活発になる時期は、8月13日10時頃ですが、さすがに昼間は観ることができないですよね。

 

昼間は観られないですが、最も活発になる前夜の12日から13日にかけての夜が一番観察しやすくなることが考えられています。

 

 

8月11日が新月のため、月明かりの影響を受けずに、とっても良い条件で観察することができるため、12日の夜から3日間ほど楽しむことができるそうです。

 

 

3日間の中で日本で1番観えるのが、8月13日未明と言われていますので、目を慣らすためにも12日の夜の9時ごろからスタンバイし、10時ごろから13日の夜明けまで観るようにするとバッチリですね!

 

 

しかし晴れなければ観れませんし、予想を裏切られることももちろんありますので、もし時間に余裕があるのであれば、「12日から13日の間!」と決めずに、長い期間観察を続けた方が、観るチャンスは大幅に増えますよ!

 

 

「12日から13日は仕事があるから絶対に無理!」というあなた!

 

活動期間がとても長く7月17日ごろから8月24日ごろまで続くそうで、8月7日ごろから15日ごろまでは、ペルセウス座流星群が比較的活発に活動しているので、観える可能性もあります!

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018北海道おススメの場所はどこ?

 

星空

 

ペルセウス座流星群を観るためには、街明かりなどの人口の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所を選ぶのが適していますが、北海道でのおススメな場所はどこなのか気になりますよね!

 

では、北海道でペルセウス座流星群を観るおススメな場所をお伝えします!

 

 

北海道札幌市・【定山渓ダム展望台】

 

北海道の最大規模のダムと言われている【定山渓ダム】ですが、札幌市内から車で1時間ほどで行けるので、ペルセウス座流星群を気軽に観に行きたい人にとっては最高の場所ではないでしょうか。

 

8月12日から13日に北海道へ旅行に行くという方にもおすすめの場所でもあります。

 

 

「定山渓ダム資料館」もあり、ダム工事のジオラマ模型やダム周辺についてパネルや模型を使って展示されていますよ!

 

営業は5月中旬~10月末の朝9時から夕方16時となります。

 

 

住所: 北海道札幌市南区定山渓

 

 

北海道千歳市・【支笏湖】

 

【定山渓ダム展望台】同様、札幌から車で1時間程度で行くことができる【支笏湖】は、初めて星空撮影する人にもおすすめの観測場所となります!

 

光を感じるとしたら、湖畔の温泉地区と道路を走る車のヘッドライトというペルセウス座流星群を観るのに絶好の場所と言えるでしょう。

 

年々家族連れが増えているそうなので、ペルセウス座流星群を観るときは、結構人は多いかもしれませんが、気軽に観るにはちょうどいい場所ではないでしょか。

 

 

住所:北海道千歳市

 

 

北海道網走郡・【美幌峠】

 

峠の頂上部には「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」がありますし、標高525mの美幌峠展望台は眺望スポットとなっていてとても有名です。

 

写真家も満点の星空を撮ろうと、撮影場所に選ぶことも多いため、ペルセウス座流星群を観るのに適していると思いますよ!

 

道の駅から峠の展望台までは5分程度の上りになりますが、目の前には屈斜路湖が広がっていますよ!

 

早朝には見事な雲海も広がるそうなので、ペルセウス座流星群を夜通し観て、雲海を観るのもいいですね!

 

 

住所:北海道網走郡美幌町字古梅

電話番号:0152-75-0700(美幌峠展望台)

 

 

北海道上川郡・【マイルドセブンの丘】

 

北海道のほぼ中央にある、美瑛の人気観光スポット【マイルドセブンの丘】は、昭和53年にタバコブランドマイルドセブンのCMが撮影されてことから呼ばれるようになりました。

 

そしてJALのCMでは、360度のパノラマから見上げる星空が放送され、有名になりました!

 

私も観に行ったことがありますが、北海道は他で味わうことがなかなかできない、美しい風景を楽しむことができますよね!

 

 

市街地から車で10分とめちゃくちゃ近いですが、街灯が少ないため、ペルセウス座流星群を観る環境が整っています。

 

ぜひ、カラマツの林と星空のコラボを観てきてくださいね!

 

 

住所:北海道上川郡美瑛町字美田

 

 

北海道士別市・【満点の星の丘】

 

肉眼で多くの星を眺められる、天然プラネタリウムとして超人気スポットの【満点の星の丘】は、環境省が主催していた「スターウォッチングネットワーク」で全国1位になったこともあります!

 

真夏と言えども、夜は寒いので上着は必ず持って行ってくださいね!

 

観月橋を越えて「羊と雲の丘」の表示を左に曲がり、二股道を左に行くと「満点の星の丘」という小さな看板が見えてきますよ!

 

 

住所: 北海道士別市西士別町

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018北海道のイベント情報

 

ペルセウス座流星群

 

ペルセウス座流星群のイベントが見つかり次第追記していきたいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

なよろ市立天文台【きたすばる】ペルセウス座流星群観望会

 

2018年8月12日(日)と、8月13日(月)の最もペルセウス座流星群が活発に活動する2日間、天文台の開館時間を20時~24時まで延長するそうです。

 

参加料は観覧料のみで、一般410円・学生300円・65歳以上200円・高校生以下と障害者は無料となります。

 

一般以外は証明できるものをお持ちくださいね!

 

もし、荒天の場合は21時30分で終了する可能性もあるそうです。

 

 

 

ペルセウス座の一点(放射点)から流れ星が飛んでくるように見えるので、全天を見て流れ星を見る可能性を高めましょう!

 

夜はとても寒いので、暖かい服装でお出かけくださいね!

 

 

住所: 北海道名寄市日進157−1

電話番号:01654-2-3956

 

 

りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)ペルセウス流星群観望会

 

2018年8月11日(土)から13日(月)まで、観望会が開催されます。

 

開館時間は14時~22時半、説明会は19時半となり、およそ20時ごろから屋上広場で寝転がって流れ星を探すことができるそうですよ!

 

説明会で流れ星のしくみを理解し、ペルセウス座流星群をぜひ観ましょう!

 

 

入館料のみ必要になり、昼間は大人300円・子供200円、夜間18時以降は大人500円・子供300円・小学生未満無料となります。

 

 

住所:北海道足寄郡陸別町宇遠別

電話番号:0156-27-8100

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

8月13日にペルセウス座流星群が最も活発に活動すると言われています。

 

今回は北海道に住んでいるあなた向けに、ペルセウス座流星群を観るおススメの場所や時期をお話ししました。

 

天文台で行われているイベントに参加して、夏休みの自由研究に役立ててもいいですね!

 

ぜひ、家族でペルセウス座流星群を観に行きましょう!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA