人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

ペルセウス座流星群2018大阪おススメの場所や時期は?イベントもチェック!

2018/07/22
 
ペルセウス座流星群
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

2018年のペルセウス座流星群は、8月13日10時ごろ流星群の活動が最も活発になる時期と予想されています。

 

大阪にお住いのあなたに、おススメの場所時期、そしてイベントもお伝えできたらと思います!

 

 

夏休み期間中ですので、ぜひ子供さんと一緒にお出かけくださいね!

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018年の見ごろの日にちや時間など時期はいつ?

 

ペルセウス座流星群

 

先程もお話ししましたが、ペルセウス座流星群の活動が最も活発になる時期は、8月13日10時頃ですが、さすがに昼間は観ることができないですよね。

 

昼間は観られないですが、最も活発になる前夜の12日から13日にかけての夜が一番観察しやすくなることが考えられています。

 

 

8月11日が新月のため、月明かりの影響を受けずに、とっても良い条件で観察することができるため、12日の夜から3日間ほど楽しむことができるそうです。

 

 

3日間の中で日本で1番観えるのが、8月13日未明と言われていますので、目を慣らすためにも12日の夜の9時ごろからスタンバイし、10時ごろから13日の夜明けまで観るようにするとバッチリですね!

 

 

しかし晴れなければ観れませんし、予想を裏切られることももちろんありますので、もし時間に余裕があるのであれば、「12日から13日の間!」と決めずに、長い期間観察を続けた方が、観るチャンスは大幅に増えますよ!

 

 

「12日から13日は仕事があるから絶対に無理!」というあなた!

 

活動期間がとても長く7月17日ごろから8月24日ごろまで続くそうで、8月7日ごろから15日ごろまでは、ペルセウス座流星群が比較的活発に活動しているので、観える可能性もあります!

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018大阪おススメの場所はどこ?

 

星空

 

ペルセウス座流星群を観るためには、街明かりなどの人口の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所を選ぶのが適していますが、大阪でのおススメな場所はどこなのか気になりますよね!

 

では、大阪でペルセウス座流星群を観るおススメな場所をお伝えします!

 

 

大阪府と和歌山県の府県境・【和泉葛城山展望台】

 

大阪府と和歌山県の府県境にあり、標高858mある和泉葛城山ですが、展望台までのルートが大阪側と和歌山側、それぞれいくつかあるため、大阪でペルセウス座流星群が観られる場所としてもご案内しておきます!

 

和歌山県内で一番スケールの大きなパノラマ夜景スポットとして知られていますが、和泉葛城山の山頂付近は葛城山園地として整備され、円筒形をしたコンクリート製の展望台があり、螺旋階段を上って夜景と星空を一気に見渡せますよ!

 

駐車場は11台(うち車いす用が1台)無料で止めることができます。

 

通行の妨げにならなければ、展望台付近の路肩にも駐車可能なようです。

 

 

住所:和歌山県紀の川市切畑

 

 

大阪市中央区・【ちはや園地】

 

標高1125mの金剛山の豊かな自然について知る事が出来る展示スペースの【千早星と自然のミュージアム】では、学習できるスペースや観察を行う活動スペースの他、星見台もあり月に1・2回ですが、夜の星空観察会も行っています。

 

イベントもありますので、後ほどご案内しますね!

 

ちはや園地内の宿泊施設を利用して、ペルセウス座流星群が観られるようにしましょう!

 

ロープウェイに乗って行く必要があるため、気軽にはいけないですがペルセウス座流星群を観るのにおススメな場所です!

 

 

住所:大阪府南河内郡千早赤坂村大字千早1313-2

電話番号:0721-74-0321

 

 

大阪府箕面市・【箕面公園 箕面大滝】

 

箕面公園は1986年に「森林浴の森100選」に選ばれており、滝と紅葉でとても有名な公園です。

 

きれいな星空を観るためには、阪急「箕面」駅前からのびる、川沿いの「滝道」を散策しながら、【箕面大滝】へ向かいましょう。

 

 

注意!!

 

2018年は台風被害にかかる復旧工事を行っているそうで、「サマーフェスタ箕面公園」を開催していません!

 

箕面公園ライトアップ、箕面キャンドルロードは秋開催予定になります。

 

現在2018年7月21日では、舗装されておらず外灯がない山道のみが大滝へ向かうことのできるルートとなっていますので、ベビーカーや車いす、自転車は通行できません!

 

【箕面大滝】まで行くのは今年は難しいかもしれません…。

 

 

住所:大阪府箕面市箕面公園

電話番号:072-723-1885

 

 

大阪府泉南郡・【みさき公園】

 

みさき公園は、動物園やプール、遊園地などが楽しめるレジャー施設です。

 

日にちは限定されていますが、【みさき公園ナイトズー】も動物園ゾーンで開催されているのです!!

 

昼間と夜の動物の様子の違いを観るのもいいですよね!

 

ペルセウス座流星群が最も活発になる、8月12日(日)もナイトズーは開催されるので、20時20分に終了した後、ペルセウス座流星群を観るというのもアリだと思いますよ!

 

 

住所:大阪府泉南郡岬町淡輪 泉南郡岬町淡輪3990

電話番号:072-492-1005

 

 

大阪府大阪市・【長居公園】

 

総面積62.7haの広さを誇る、球場やプールなどのスポーツ施設と、植物園や博物館などの、大阪を代表する総合公園になります。

 

電車でも車でもアクセスのしやすさから、人気のある公園ですし、駐車場があるのもいいですね!

 

駐車場の注意点として、24時間入出庫可能な駐車場を選ばないと、帰りたくても帰れなくなってしまうので、注意してくださいね!

 

 

住所:大阪府大阪市東住吉区長居公園1

電話番号:06-6691-7200

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018名古屋のイベント情報

 

ペルセウス座流星群のイベントが見つかり次第追記していきたいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

金剛山に泊まって星空観察会に参加しよう!

 

金剛山

 

2018年8月12日(日)定員30名様のみ【夏の星座と火星・木星・土星】をテーマに、ペルセウス座流星群も観ることができます。

 

夜間のイベントになるため、金剛山に宿泊した人のみとなりますので、ちはや星と自然のミュージアムのキャンプ施設または、千早赤坂村営の施設【香楠荘】のどちらかに宿泊予約時に申し込む必要があります。

 

 

時間は19時半から21時の間に天体望遠鏡で木星などを観察しますが、ペルセウス座流星群は真夜中になりますので、広場に敷いてあるブルーシートに座って自由に観ることができますよ!

 

暖かい服装でご参加くださいね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

8月13日にペルセウス座流星群が最も活発に活動すると言われています。

 

今回は大阪に住んでいるあなた向けに、ペルセウス座流星群を観るおススメの場所や時期をお話ししました。

 

金剛山に宿泊して、ペルセウス座流星群を観るというのも、子供の夏休みの自由研究などで役に立ちそうですね!

 

ぜひ、家族でペルセウス座流星群を観に行きましょう!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA