人間らしく人生楽しんじゃってもいいよね!

犬のイタズラをやめさせる!?困った問題行動は犬にとって自然なこと!

2019/07/14
 
犬のイタズラ・困った行動
この記事を書いている人 - WRITER -

 

犬を飼い始めたら、やってほしくないことばかりをされる、困った問題行動に頭を悩ませていませんか?

 

あなたはどんなことに悩んでいますか?

  • ごみ箱をあさる
  • ソファーやカーテンをかじる
  • トイレ以外でおしっこをする
  • 落ちている物を食べる
  • 他の犬にうなる

などと、あげだしたらキリがありませんね。

 

この問題行動は犬にとっては問題行動ではないとしたらどうでしょうか。

 

人間はやらないことなので犬もやらないことだと思うと、困った問題行動になりますが、犬の習性で一般的な行動だと思うと、困るからと一方的に「ダメ!」と怒ることは人間の勝手な押し付けです。

 

今回はなぜ人間にとって困った問題行動を犬がするのか、その習性を考えていきたいと思います。

 

習性を知った上で、しつけやトレーニングをするほうがあなたにとっても愛犬にとっても心地よく進めることができるでしょう。

 

ぜひ読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

部屋のごみ箱をあさるのはなぜ?

 

家庭犬は人間と共に暮らし自分で獲物を捕まえなくても生きていけますが、野生の動物は獲物を捕まえなくては生きてはいけません。

 

この「ごみ箱をあさる」という行動は、獲物を探す行動のひとつです。

 

下の写真は猫ですが…(笑)

 

ごみ箱をあさる

 

あなたがお菓子を食べ、お菓子の袋を捨てたとしたら…、犬は嗅覚が優れているので気になるのは当然ですね。

 

とてもいいにおいがするのに、「ごみ箱をあさるな!」って怒るのは、あなたがお腹を空かしているとき、とてもいいにおいがするご馳走を目の前で「あげないよ」とお預けされることと同じです。

 

犬にとってはごみ箱は何が出てくるのかお楽しみの箱。

 

そう考えるとあさる理由も納得ができます。

 

怒る理由なんてないですよね。

 

ただし、困るのであればごみ箱を犬の届かないところにおくか蓋つきのごみ箱を使用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

ソファーやカーテンといった、家具を壊したりかじったりするのはなぜ?

 

犬とカーテン

 

ふかふかのソファーやゆらゆら揺れるカーテン。

 

そんな楽しいものがあったら遊んでみたくなりませんか?

 

人間でも小さな子供であれば、ソファーでジャンプしてみたり、カーテンで「いないいないばあっ!」してみたりするでしょう。

 

犬も楽しい物好きです。

 

上手に遊びをみつけて楽しく遊んでいる、それだけです。

 

外出先から帰って来たら部屋がぐちゃぐちゃ!なんて困るのであればケージやサークルに入れて出かけましょう。

 

遊ばれて困るものは、犬の届かないところへ片付けます。

 

 

スポンサーリンク

トイレ以外でおしっこをしてしまうのはなぜ?

 

犬トイレ中

 

トイレの場所は教えて、しっかりできる犬でも、トイレ以外でおしっこをすることはもちろんあります。

 

それは「マーキング」といい、犬自身が自分をアピールしたり、安心するための行動です。

 

おしっこのしている場所をよく見ると、なぜそこにおしっこをするのかが理解できるでしょう。

 

それがわからなければ、シーツだらけの部屋になってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

落ちている物を食べるのはなぜ?

 

犬の口元

 

先程、獲物を得るためにごみ箱をあさるとお話しをしましたが、落ちている物を食べるのも生きるための手段です。

 

獲物を確保できなければ、落ちている物を食べて生き延びなければいけません。

 

飼われている犬はしっかり餌がもらえ、お腹が究極に空いていることはあまりありませんが、本来の犬の習性が残っており、落ちている物を食べることもあります。

 

 

ただし、落ちている物は食べていい物ばかりではありません。

 

タバコの吸い殻、他の犬の糞などと、口にしてはいけないものもあります。

 

口に入れないようにするためのトレーニングも必要になります。

 

 

スポンサーリンク

他の犬にうなったり吠えたりと威嚇するのはなぜ?

 

威嚇する犬

 

散歩している途中やドッグカフェなどで、愛犬が吠えたりうなったりと威嚇する愛犬だったり、そういった犬を見たことがあるかもしれませんね。

 

威嚇するのは、相手の犬が何かをやろうとしていることを止めるための行動です。

 

ケンカをしないためにけん制しているのですね!

 

なのでお互いに威嚇しあっていてもなにも不思議なことはなく自然な出来事なのです。

 

うなり始めたり、うなられたりしたら、その場から離れるなど回避しましょう。

 

叱る必要はありません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

犬の習性が少しだけわかりましたか?

 

  • ごみ箱をあさる
  • ソファーやカーテンをかじる
  • トイレ以外でおしっこをする
  • 落ちている物を食べる
  • 他の犬にうなる

今回はこの5項目のみお話しをしましたが、あなたが困っている問題行動は犬の習性だったのですね。

 

なので、あなたの犬が「ダメ犬」ではないということです。

 

もしも、周りから「あなたの愛犬はダメ犬ね」なんて言われているとしたら、あなたがしつけやトレーニングを上手にできていないという証拠なのです。

 

そうならないためにも犬の習性をよく知り愛犬を受け入れ、その上でしつけやトレーニングをしていきましょう。

 

犬の習性をよく知り、愛犬との信頼関係を築くことができれば、あなたと愛犬は良いパートナーになれるかもしれません。

 

犬のしつけについてまとめページを作成していますので、困っていることがあればぜひ参考にしてくださいね!
あなたにピッタリのしつけ法が見つかることを願っています!
⇒「犬のしつけ」まとめ記事
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA