子供との毎日をハッピーに!ママのお役立ち情報

帯広氷まつり2020日程や花火の時間★駐車場やシャトルバス・アクセスも

2019/11/13
 
十勝帯広
この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

北海道でもひときわ寒さが厳しい「帯広」の気候を利用して、美しい大氷雪像や氷彫刻の幻想的な世界を作り出す【帯広氷まつり】の日程が決定しました。

氷彫刻の芸術が見られるほか、夜空を彩る花火や回転そりなど大人から子供まで思いっきり楽しめるイベントのため、来場客数が2018年の第55回は3日間で約18万人、2019年の第56回は3日間で約16万人と、とても多くの人が来場して賑わいます。

「帯広氷まつりに行こう!」と計画を立てたとき「現地までどのように行こうか…車で行っても駐車場に停められるかな?」と思ったりしていませんか?

行く前に必ず知っておかなければならない注意点がいくつかあります。

今回は「駐車場」や「シャトルバス」はもちろん、帯広氷まつりまでの「アクセス」方法、そして「花火も時間」について、あなたが帯広氷まつりを最大限に楽しめるようにご紹介していきたいと思います。

【帯広氷まつり】について、しっかり予習をして当日は思いっきり楽しんできてくださいねー。

 

 

スポンサーリンク

 

 

帯広氷まつり2020の日程や花火の時間は?

帯広氷まつり2020年の開催日が決定しました!

  • 2020年1月31日(金)
  • 2020年2月1日(土)
  • 2020年2月2日(日)

開催場所は【帯広市緑が丘公園】一帯を利用して行われるそうですが、JR根室本線「帯広駅」から公園大通り経由で徒歩19分のところにある会場です。

 

2020年の開催時間はまだ未定ですが、2019年は2月1日~2月3日まで3日とも朝の10時に開場しています。

そして2019年の花火の時間は以下の日時で開催されていました。

  • 2019年2月1日 19:00~ 道新おびひろ冬花火
  • 2019年2月2日 18:00~ 雪原の火祭り
  • 2019年2月3日 17:45~ おびひろ中から見える花火

2月2日は18時半からのサブカルパフォーマンスステージが終了次第、イベントが終わっていることから、各日にちごとで終了時間は異なりますが、10:00~19:30頃までとなるのではないでしょうか。

また詳細が分かり次第追記していきます。

 

 

スポンサーリンク

帯広氷まつりの駐車場情報

帯広氷まつり会場周辺の駐車場は毎年大変混雑するため、駐車場を確保するのに苦労されている方が多いです。

当日はTwitterで「ここの駐車場、まだ空きがあるよ!」と親切な人はみんなに情報を拡散してますね…。

2020年の帯広氷まつりの駐車場は現在調整中で未発表なままです。

帯広氷まつり会場でもある緑が丘公園には、駐車場がいくつかありますが、すべての駐車場を開放しているわけではなく、バスの乗り降りやタクシー乗り場として利用しており、原則駐車不可能な場所になってしまいます。

寒い季節なので会場近くに停めて、休憩しに車に戻り体を温めたいという気持ちよくわかります…。

Twitterでもツイートしていたように、動物園裏の駐車場に停めることは可能ですが、絶対に停められるという保証はありませんし、渋滞に巻き込まれてしまう可能性もあるのですね。

2018年と2019年の、帯広氷まつり主催側が用意している駐車場情報を見ていると、毎年無料シャトルバスは運行しているのですが、案内している駐車場が異なります。

もしかすると、2020年も変更される可能性はありますが、変わらない点と言えば【帯広駅】周辺からは必ず無料シャトルバスが運行しているということですね。

2018年は帯広駅南側の帯広郵便局前から、2019年はとかちプラザ東側から出ています。

ですので、まずは駅周辺の駐車場を案内し、主催者側の駐車場が分かり次第追記していきます。

帯広駅周辺駐車場おすすめ

帯広駅北地下駐車場

帯広駅周辺駐車場の中でも収容台数が200台となり、多くの車を停めることが可能です。

ちなみに帯広駅南駐車場は25台ほどしか停めることができないので、送迎などわずかな間の用事に便利な駐車場になっています。

  • 住所:帯広市西2条南12丁目3
  • 営業時間:6:00~0:30
  • 収容台数:200台
  • 最大料金:最大1200円
  • 時間料金:最初の30分は無料・以後30分ごとに100円

 

帯広駅イースト駐車場

帯広駅イースト駐車場も126台と収容台数が多いため、おすすめです。

24時間営業なのも安心ですね。

  • 住所:帯広市西2条南13丁目1
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:126台
  • 最大料金:
  • 時間料金:30分/100円

 

ダイヤパーク帯広大通南13※予約可能

ダイヤパーク帯広大通南13は、akippaに会員登録することで事前予約が可能です。

予約をしておくと当日安心して車で行くことができますね。

収容台数が5台と少ないので、行くことを決めたら早めに予約しましょう。

  • 住所:帯広市大通南13丁目1
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:5台
  • 最大料金:600円
  • 時間料金:15分/60円

 

ダイヤパーク帯広西4南14※予約可能

ダイヤパーク帯広西4南14は、akippaに会員登録することで事前予約が可能です。

先ほどの「ダイヤパーク帯広大通南13」よりも、収容台数が11台と多いですが、早めに予約すると安心ですね。

  • 住所:帯広市西4条南14丁目17
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:11台
  • 最大料金:509円
  • 時間料金:15分/51円

 

 

 

スポンサーリンク

帯広氷まつりのシャトルバス

2020年の帯広氷まつりのシャトルバス情報も現在は未発表なままです。

昨年と同じだと思います…とご案内したいところなのですが、2018年と2019年が異なるため、2020年も変更される可能性が高いです。

やはり多くの人が来ることが予想される以上、どれだけの人が来てもいいように駐車場やバスの乗り降り場所などを確保しなければならないので、どんなイベントも同じですが、駐車に絡む問題が一番大変ですね…。

シャトルバスの情報も分かり次第追記していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

帯広氷まつりのアクセス方法

帯広氷まつり会場までのアクセス方法は、先ほど駐車場のご案内をしましたが、自家用車で行く方法と公共交通機関を利用する方法があります。

自家用車、公共交通機関どちらで行った場合でも、会場まできちんと行けるように無料シャトルバスが運行しているので安心ですね。

  • 帯広氷まつり会場まで自家用車で行く
  • 帯広氷まつり会場まで自家用車とシャトルバスで行く
  • 帯広氷まつり会場まで公共交通機関で行く

帯広氷まつり会場まで自家用車で行く

帯広駅から公園大通と216号経由で車で約8分で着きます。

迷うのであれば帯広駅までまず向かってから、帯広氷まつり会場(緑が丘公園)まで進むといいですね。

比較的少なめの交通量の道となっています。

 

帯広氷まつり会場まで自家用車とシャトルバスで行く

自家用車とシャトルバスで行く方法は2通りあります。

  • 会場主催者側が用意する駐車場に停めて無料シャトルバスで行く
  • 帯広駅周辺駐車場に停めて無料シャトルバスで行く

会場主催者側が用意する駐車場はまだ未発表ではありますが、毎年収容台数を多くとれる駐車場を準備していて、駐車場周辺からシャトルバスが運行しています。

そして、シャトルバス発車場所は変わるものの、帯広駅周辺からもシャトルバスが運行しているので、どちらかになります。

できる限り、会場主催者側が用意する駐車場に停めることが望ましいですが、帯広駅周辺駐車場に車を停めて無料シャトルバスに乗って会場まで向かう方法もあることを、さきほど【帯広駅周辺駐車場おすすめ】でもご案内しました。

 

帯広氷まつり会場まで公共交通機関とシャトルバスで行く

公共交通機関とシャトルバスを利用する場合は、まずは【帯広駅】まで行く必要があります。

  • 飛行機
  • JR
  • 高速乗り合いバス※予約制

どこから帯広駅に向かうかによっても大きく変わってきますので、3つに絞ってご案内していきます。

 

帯広空港から帯広駅に向かう

リムジンバスという空港連絡バスがあります。

帯広市内行きバスと、帯広市内ホテルを巡回するエアポートシャトルがあるので、便利ですね。

発着時間は航空機発着時間に合わせて変更されるので、帯広市内行きバスの発車時間は各航空機の到着時間約15分後になります。

空港ビル到着ロビーのインフォメーションコーナー隣の切符自動販売機で切符を買ってから、空港ビル玄関前でバスに乗りましょう。

 

各JR駅から帯広駅に向かう

各JR駅から帯広駅まで向かうときには、「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」を利用します。

北海道はとても広いので、鉄道を利用してもかなりの時間がかかりますね…。

  • 札幌駅→帯広駅 最短2時間24分
  • 新千歳空港駅→帯広駅 最短2時間10分
  • 函館→帯広駅 約6時間40分
  • 旭川駅→帯広駅 約3時間30分
  • 釧路駅→帯広駅 約1時間50分

JR北海道旅客鉄道株式会社【スーパーおおぞら・スーパーとかち】

 

高速乗り合いバス※予約制

各駅から出ている高速乗り合いバスを利用して、帯広駅まで行くことができます。

こちらも同じくそれなりに時間はかかりますね。

  • 札幌駅→帯広駅【ポテトライナー】約3時間50分

JR北海道バス・札幌→帯広駅

  • 新千歳空港駅→帯広【とかちミルキーライナー】最速2時間13分

おびうん観光株式会社 新千歳空港→帯広

  • 旭川駅→帯広駅【ノースライナー】約3時間40分

北海道柘植バス 旭川→帯広

  • 釧路空港→帯広駅【スイーツライナー】約2時間

北海道柘植バス 釧路空港→帯広駅

 

 

スポンサーリンク

帯広氷まつりのイベント内容

2020年の帯広氷祭りのイベントは一部以下の通りで発表されています。

  • 大氷雪像&すべり台
  • 市民氷雪像コンクール&一般参加市民氷雪像の展示1/31~2/2
  • 第36階北海道氷彫刻展冬季帯広大会 競技日程(製作期間1/28~1/30)
  • 子供氷のお面展
  • ステージイベント
  • 花火大会
  • カーリング体験コーナー
  • 味覚コーナー

昨年の様子を一部分ご紹介していきたいと思います。

人力回転そり

帯広びひろ氷まつり名物と言われているので、2020年も変わらず開催されるのではないでしょうか?

回転そりを押している人のジャンパーには「白樺学園 陸上競技部」となっているので、高校生がやっているんですねー!

白樺学園はスピードスケート部もあり、冬季オリンピックに出場した人もいるくらいなのですが、何度も押すのは大変だと思います。

本当にお疲れ様です…!!

大氷雪像&すべり台

氷の滑り台を実際に滑っている子供は本当に楽しそうですね!

そして陸上自衛隊の方もとっても楽しそう★

きれいに作ってある滑り台を、ぜひ滑ってきてくださいねー。

 

カーリング体験

カーリングがお祭りで体験できるなんてすごくないですか??

私は岐阜に住んでいるので、お祭りに行ったらカーリング体験ができるなんて羨ましいです…。

子供たちも楽しそう★

 

子供氷のお面展

上記のTwitterは2017年のですが、子供たちが氷でお面を作っているんですね!

下のTwitterは2015年のですが、みんなが作ったのがずらっと飾って合って、とてもきれいでユニークなお面を見ることができます!

氷のお面って溶けない地域だからこそできる作品ですよね。

 

花火大会

冬は空気が澄んでいるのもあって、花火がとてもきれいに見えます。

1日遊びつくした後の花火って、1日がとても充実していていいですねー。

花火が見られるのは昨年は3日間連続でしたが、「花火は絶対に見たい」ということであれば、必ず2020年のスケジュールをチェックしてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

帯広氷まつりで快適に過ごすための服装や持ち物について

Twitterを見る限り、スキーウェアやスノーボードウェアで行くのが一番いいですね!

快適に過ごすための服装や持ち物をご紹介したいと思います。

  • 防水・滑り止め付きブーツ
  • ホッカイロ(足の指先は絶対に冷たくなりますので靴用があるといいですね)
  • 防寒小物(帽子・手袋・ネックウォーマー・マスク)
  • 防寒具(スキーウェア・スノーボードウェア)
  • サーモマグボトルに暖かい飲み物

スキーウェアやスノーボードウェアはスキーやスノーボードを常にやっている人は持っているかもしれませんが、持っていない人もいるかもしれませんね。

確かに会場では普通の服で楽しんでいる人ももちろんいます。

できる限り、防水・撥水加工の服を着たり、なければ防水スプレーを吹きかけて着ていくといいです。

首のつく部分「首」「手首」「足首」はとくに温めるほうがいいので、ネックウォーマーや手袋、靴下を2枚履きもしくはレッグウォーマーを着用していきましょう!

とくに足の冷えは半端ないと思うので、雪用の靴やスノーブーツを履いていったほうがいいですねー。

レインブーツなどに靴用ホッカイロを詰める方法もありますが、結構冷たくなる可能性があります…。

私も冬は何度か靴用ホッカイロを入れましたが、雪国じゃなくても結構冷えますw

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

帯広氷まつり2020年の日程や花火の時間、そして駐車場やシャトルバスでのアクセスをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

帯広氷まつりは3日間連続で花火が打ちあがるので、どの日に来た人も花火を楽しむことができます。

それって本当に来場者想いですよね。

駐車場やシャトルバスも、来場者のことを考えて会場まで来やすいように用意されているので、ぜひ主催者側が用意した駐車場に停めてシャトルバスを利用して会場まで行きましょう。

その他にも「回転そり」や「滑り台」「カーリング体験」を思いっきり楽しんできてくださいね。

 

▼日本の冬のお祭りをもっと見る▼

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA