子供との毎日をハッピーに!ママのお役立ち情報

お歳暮の時期はいつからいつまでに贈るか地域別に解説!遅れた時の対処法も

2019/08/23
 
お歳暮
この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

散り敷いた落ち葉を北風が舞い上げる時節となり、「そろそろお歳暮の時期かな」とソワソワし始めているかもしれませんね。

私は一時期、運送会社で働いていたことがあり、お歳暮を3件贈るというノルマがありましたw

当時は結婚もしていないころで、もちろんお歳暮のマナーなんて知らず会社の言われるがまま贈っていましたね…。

お歳暮にもいくつかマナーがありますし、地域によってお歳暮を贈る時期が異なってきます。

「贈りたいあの人の地域は、お歳暮はいつからいつまでに贈ればいいのだろう?」と気になってはいませんか?

お歳暮を贈る時期はいつからいつまでなのか地域別に詳しく解説するとともに、贈り遅れた時の対処法もお伝えしていきたいと思います。

マナーに厳しそうな人に贈るとしても安心して、お歳暮を贈ることができますよ。

スポンサーリンク

お歳暮の意味や由来

お歳暮を贈る

お歳暮の意味とは

お歳暮とは、お世話になった人に対して「今年1年ありがとうございました。また来年もよろくしくお願いします。」という、感謝の気持ちを込めて渡す贈り物のことです。

「歳暮」と検索すると「年の暮れ」のことであることがわかりますが、12月の季語でもあるのです。

日本では、暮れにお世話になった人に対して感謝する「歳暮回り(せいぼまわり)」と呼ばれる行事が行われて、その時に持参する贈り物のことをお歳暮と呼ばれています。

なので本来であれば、お世話になった人に直接会って贈り物を手渡しするものなのですが、近年では老舗や百貨店から宅配便のシステムを利用して、相手方に贈られることが多くなりました。

そして贈る相手も変化があり、数年前までは会社の上司や仕事でお付き合いのある取引先そして親せきなどに贈るのが主流でしたが、最近では実家や義理の親、親しい友人や知人に贈る人が増えてきています。

お歳暮の時期になると、老舗や百貨店などで多くの商品が贈答品として出回るため、この時期特有の賑わいが「歳暮商戦(せいぼしょうせん)」「お歳暮商戦(おせいぼしょうせん)」などと呼ばれることもあり、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

お歳暮の由来とは

お歳暮は中国の古くから存在する習慣で、道教の行事から由来されていると言われています。

日本で始まった行事ではなかったのですね…。

中国の道教では、旧暦の1月15日を「上元」、旧暦の7月15日を「中元」、旧暦の10月15日を「下弦」としていて、天の神様の誕生日とされています。

そして、「上元」は天官賜福大帝(てんかんしふくたいてい)・「中元」は地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)・「下元」は水官解厄大帝(すいかんたいてい)という名前で「三官大帝」と呼ばれており、竜王の孫とされていました。

人々はそれぞれの日に、神様の誕生日祝いとしてお供えをする習慣があったのです。

日本で行われていた、新年に神様や先祖の御霊に捧げるお供え物を、年の暮れに本家や家元・近所に持っていく行事が、中国の行事と結びつき「お歳暮」になったと言われています。

 

スポンサーリンク

お歳暮の時期はいつからいつまでに贈るか地域別に解説

お歳暮を贈る

それでは、お歳暮の時期はいつからいつまでに贈るのかを実際に見ていきましょう。

地域によっては贈る時期が異なってきますので、贈り相手が住む地域はいつなのかを確認してみてくださいね。

お歳暮の時期・地域別の違いとは

お歳暮を贈る時期は、一般的には12月上旬から20日前後までに贈るのが良いと言われていますが、実は地域によって贈る時期に違いがあります。

「なぜ、地域によって贈る時期が違うの?」って思いませんでしたか?

私はすんごく思い調べまくってしまいましたw

答えは【地域によって使う暦が違う】ことが理由で、旧暦と新暦のどちらを使うかで違ってくるということですね。

例としては下のような地域の違いがあります。

  • 七夕はほとんどの地域が7月7日なのに仙台七夕まつりは毎年8月6日~8月8日
  • お盆を迎える時期が7月・8月と地域によって異なる

旧暦をもとにしていると地域によってズレが出てきて、お歳暮の贈る時期も全国同じではないことが起きているのですね。

 

気を付けたいのが、自分の地域に合わせた時期に贈るのではなく、贈る相手の地域に合わせた時期に贈るということです。

どうしても、「えっと私が住んでるのは岐阜県だから…」と自分が住んでいる地域を確認しがちですが、「贈る相手の地域はいつなのか?」と確認しましょう。

サイトによっては始まる時期に若干ズレがあると思いますが、「絶対に〇日から〇日まで!」ではなく、「〇日ごろから〇日ごろまでに贈ってね」というざっくりとしているので、固く考えすぎないようにして大丈夫です!

それでは、贈りたい相手が住んでいる地域の時期はいつなのかチェックしてみましょう。

  • 関東:12月初旬から12月20日頃
  • 沖縄:12月初旬から12月25日頃
  • 関西を含めるその他の地域:12月10日から12月20日頃

お歳暮贈る時期・地域別

関東地方は「12月1日から20日頃」が最適となっていますが、年々贈る時期が早まっていて12月初旬には届くことも増えてきているため、11月末ごろから贈り始めても失礼にはあたらないとされてきています。

東海地方や北陸地方は「12月10日から12月20日頃」ですが、都市部では12月初旬には届き始めるところもあり、関東地方並みに早い地域もあるようです。

のんびり県民と言われる沖縄はやはり「12月初旬~12月25日頃」ととても長く、「なんくるないさ」と気にしない人が多いのがよくわかりますね!

12月中旬頃から贈り始めるのがマナーだと言われていましたが、年末はどうしても忙しくなりがちなので、できるだけ早めに贈り始める人が増えています。

贈りたい相手がどこに住んでいるのかチェックしたうえで、できるだけ早めに贈ることを心掛けるといいですね。

お歳暮を手配する時期に注意!

お歳暮を贈るときに、あなたはどのように相手に渡しますか?

「直接相手先に訪問して手渡しするよ!」というのであれば問題はないのですが、最近は老舗や百貨店で注文し、宅配便を利用してお歳暮を贈る人がほとんどではないでしょうか。

お歳暮の時期は繁忙期であり、注文してから発送するまで1週間から10日ほどかかることもあります。

今ではAmazonなどのネットショッピングで行われている翌日配送などに慣れてしまっている時代ですので要注意ですね。

数日遅れただけで気にならない贈り相手ならいいのですが、マナーに厳しい方ならあなたの印象が悪くなってしまう可能性もあります。

そうならないために、必ず届けたい日の10日前までには注文するようにしましょう。

  • 関東:遅くても12月10日までには注文
  • 沖縄:遅くても12月15日までには注文
  • その他:遅くても12月10日までは注文

お歳暮を手配する時期

お正月用の生鮮食品は12月20日過ぎてもOK

結婚すると妻の実家から夫の家にお歳暮を贈る風習がある地域もあります。

年どり魚という大晦日や年越しの食事に用意する魚は、東日本では「栄える」サケ・西日本では「出世魚」のブリが多いようで、富山県では娘を嫁に出した家からブリを丸ごと1本購入して嫁ぎ先にお歳暮として贈る風習があるそうです。

そういった魚介類や、ハム・ソーセージ・牛肉といった、お正月に食べる食品や食材などの生鮮食品は早く贈ると、消費期限や保管の問題があることから、12月20日を過ぎてもOKとされています。

もし生鮮食品お歳暮に選ぶときは、贈り先相手に連絡をしたうえで12月25日~12月31日の間に贈るといいでしょう。

不在日に到着することがないように、配達日をいつにしたらいいかをしっかり確認してから送ると親切ですね!

 

スポンサーリンク

お歳暮を贈り遅れたときの対処法

12月になると誰しもが忙しくなり、気が付いたらお歳暮を贈る時期が過ぎてしまっていることもあるかもしれませんね。

もし、お歳暮を贈り遅れてしまったときは、相手先にお詫びの連絡をして「御年賀」として改めて品物を贈ります。

御年賀を贈る場合は、松の内の期間内に相手先に直接出向き、品物を手渡しするのが一般的なマナーとされていますが、松の内の時期も送り先の地域によって異なるので、しっかり確認をしましょう。

  • 関東:1月1日~1月7日
  • その他:1月1日~1月15日

もし贈り先が忌中や喪中の場合は、松の内の期間が終わってから「寒中見舞い」を贈るようにしましょう。

寒中見舞いの時期も地域によって異なるので確認してくださいね!

  • 関東:1月8日~2月3日
  • その他:1月16日~2月3日

立春の前日までが寒中見舞いの時期なので、比較的ゆっくり準備して贈ることができますね。

 

スポンサーリンク

お歳暮マナー

お歳暮を贈る

 

お歳暮を贈るべき人とは

お歳暮は、一度贈り始めたら毎年贈るのがマナーであると言われています。

【お世話になっている人】そして【これからもお世話になる人】に贈るのがお歳暮で、あなたが常にお世話になっている人をあげるとしたら…。

  • 両親・義両親
  • 親戚
  • 恩師(習い事の先生など)
  • 会社関係のお得意先
  • 主治医

などがあげられますね。

その中で、注意する必要があるのが会社関係のお得意先で、大手企業・外資系企業問わず、お歳暮のやり取りを一切禁止している場合があるので、知らずに贈ってしまうと受取を拒否されることもあります。

会社の規定を確認したり、詳しい人に聞くなりして、お歳暮を禁止していないかをチェックしたうえで贈るようにしたいですね。

そして恩師と言いましたが、ピアノの先生など習い事の先生なら問題はありませんが、公務員の学校の先生の場合は利害関係者から金銭や物品の贈与を受け取ることを禁止とされています。

利害関係者かどうかの判断がとても難しいこともあり、贈り相手のためにもあなたのためにも、お歳暮は贈るのを控えたほうが無難です。

お歳暮とは一時的に贈るものではなく、1年に1度の感謝の御礼を伝えるあいさつとなるため、来年以降お歳暮を贈るかもわからない相手にはお歳暮ではなく、【御礼】として贈答品を送ったほうがいいですね。

お歳暮は喪中の相手でも贈ってもよい

先ほど【お歳暮を贈り遅れたときの対処法】で、忌中や喪中の相手に贈りたい場合は「寒中見舞い」を贈るようにしましょうとお話ししましたが、お歳暮を贈る時期に「お歳暮」として贈るのは、感謝や御礼の意味を持つ贈り物であり、お祝い事ではありませんので、喪中(忌日から1年)の相手なら贈っても大丈夫です。

しかし、忌中の場合(四十九日もしくは五十日までの期間)は控えるのが望ましく、仏式では四十九日、神式では五十日を過ぎてから送るのが無難ですね。

贈り相手ではなく、あなた自身が喪中の場合でもお歳暮を贈ることに問題はありませんが、忌中明けを待っているうちに、お歳暮の時期が過ぎた場合は「寒中見舞い」として贈りましょう。

年を越す場合は、松の内の時期を越してから贈るようにします。

品物を贈ることは問題ありませんが、贈る相手もしくはあなたのどちらが喪中であったとしても、いくつか注意点があります。

  • おめでたい雰囲気の品物は避ける(紅白の和菓子や鯛の形の最中など)
  • のし紙は水引き・熨斗なし

喪中の贈る品物は一般的なギフトと同じで構いませんが、毎年おめでたい雰囲気のある紅白の和菓子や鯛の形をした最中などを贈っている場合は別の品物に変えるようにしたほうがいいですね。

そして、のし紙も水引きや熨斗はなしになりますので、のし紙について詳しく見ていきましょう。

お歳暮の包み方・のし紙について

御歳暮のほかにも、「御年賀」や「寒中御見舞」「御礼」も含めて、包み方やのし紙のご紹介をします。

掛け紙と短冊それぞれご説明しますが、短冊は簡易形式のため、贈る相手が親しい間柄のみ使用でき、目上の方やビジネスでは掛け紙を使用しましょう。

お歳暮の通常の場合

お歳暮通常

【包み方とのし紙】

  • 「蝶結びののし紙」を用いる。
  • 上部「御歳暮」+下部「名入れ」の表書き

 

お歳暮の喪中の場合

お歳暮喪中

【包み方とのし紙】

  • 御歳暮を贈る側、もしくは贈られる側のどちらかが喪中の場合は、のし紙(水引きと熨斗があるもの)を使わずに、白の奉書紙または白の短冊を使います。
  • 上部「御歳暮」+下部「名入れ」の表書き

 

御年賀の場合

御年賀【包み方やのし紙】

  • 「蝶結びののし紙」を用いる。
  • 上部「御年賀」+下部「名入れ」の表書き

※御年賀を贈る側または、贈られる側のどちらかが喪中の場合は御年賀を贈ることはできません。

 

寒中御見舞いの通常の場合

寒中お見舞い

【包み方やのし紙】

  • 「蝶結びののし紙」を用いる。
  • 贈り先が同等や目下の型の場合は、上部「寒中御見舞」+下部「名入れ」の表書き
  • 贈り先が目上の型の場合は、上部「寒中お伺い」+下部「名入れ」の表書き

 

寒中御見舞いの喪中の場合

寒中御見舞・喪中

【包み方とのし紙】

  • 御歳暮を贈る側、もしくは贈られる側のどちらかが喪中の場合は、のし紙(水引きと熨斗があるもの)を使わずに、白の奉書紙または白の短冊を使います。
  • 上部「寒中御見舞」+下部「名入れ」の表書き

 

御礼の場合

御礼

【包み方やのし紙】

  • 「蝶結びののし紙」を用いる。
  • 上部「御礼」+下部「名入れ」の表書き

※来年からお歳暮を贈る予定がなく、今年のみ贈りたいときは「御礼」で贈ります。

お歳暮の金額はお世話になった度合いで決める

お歳暮は感謝の気持ちを伝える贈り物であるため、途中で贈ることをやめるのは失礼にあたってしまいます。

1度贈り始めたら毎年贈り続けることをよく考えて、最初からあまり高額な贈り物をすると、あなたも負担を感じるようになり、贈り先の相手の方にも気を遣わせてしまうことになります。

あなた自身が負担にならず、相手の方も気持ちよく受け取れる金額にすることが大切ですね。

お歳暮の金額に決まり事はありませんが、大体1件当たりの金額の目安は、3,000円から10,000円までで、平均的に4,000円程度になります。

贈り先金額の相場
親戚・知人3,000円~4,000円程度
仲人・上司・両親5,000円前後
特にお世話になった方5,000円~10,000前後

上記はあくまで目安ですが、あなたがお世話になっている度合いなどによって金額の違いが出てきます。

あなたの年齢や、贈り先の相手の年齢によっても多少金額が変わってきますが、難しく考えずに相手の好みなどをチョイスして、来年も同等の品を贈ることができる金額が一番いいのではないでしょうか。

贈り物として人気のある商品券やギフト券などは目上の方に贈るのは失礼にあたるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

お歳暮はいつまで続ける?やめるときの対処法

お歳暮を毎年欠かさず贈り続けているのだけど、「最近は付き合いが疎遠気味」であったり「もう十分に気持ちを伝えた」と思っているのであれば、思い切ってやめてもいいかなと思います。

一般的には「お中元+お歳暮」の両方を贈っている人と、「お歳暮」のみを贈っている人2パターンあるかと思うのですが、たとえば年に2回欠かさず贈っていたのに、急に贈るのをやめてしまうと、相手先の方が「何かあったのかな?」と心配される可能性があります。

しかし、「お中元もお歳暮も来ないけど、どうかなさいましたか?」なんて聞けないですよね…。

もし、そろそろやめたいと思っているのであれば、3年ほどかけて少しずつ減らしていくことをおすすめします。

「お中元+お歳暮」セットで贈っていた

1年目は「お歳暮」のみを贈る

2年目は金額を5,000円→3,000円に減らす

3年目以降年末の年賀状で感謝を伝える

このように少しずつ減らしていき、お歳暮をやめていきます。

しかし、年賀状までもやめてしまうとなると寂しくなってしまうので、ご自身が元気であることを伝える意味でも送り続けると、きっと喜ばれると思いますよ。

 

スポンサーリンク

お歳暮の選び方

お歳暮を贈る相手が一人暮らしをしているのか、家族で暮らしているのかでも選ぶ品物はだいぶ変わると私は思っています。

私の夫は結婚する前まで、結婚式の引き出物は長い間ほどかない人でしたw

なので、もちろん賞味期限切れのお菓子などが出てきてしまうし、カタログギフトは申込期限が過ぎて何ももらえなかったりします。

お歳暮はそれらと同じで、ひとり暮らしの男性の家に生鮮食品を贈ったり、ビールを飲まない家庭にビールを贈ったりというのは少し考え物ですね。

必ず、一人暮らしなのか家族で暮らしているのかというライフスタイルをしっかりと考えて、品物を選ぶようにしましょう。

 

お歳暮は百貨店に行って選ぶこともできますが、なかなか行く時間がなく、そうこうしているうちに注文しなくてはいけない日が過ぎてしまったということにならないために、ネットショッピングで購入することも可能です。

毎年人気のある店舗のお歳暮をご紹介します。

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • 三越
  • 郵便局
  • 高島屋

 

スポンサーリンク

まとめ

お歳暮の時期はいつからいつまでに贈るか地域別に解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

地域によって時期は異なりますが、確認するのは相手先の地域というとこだけは間違えないようにしてくださいね!

そして、遅れた時の対処方法やお歳暮のマナーも覚えておくと、万が一のときに慌てずに済みますので、ぜひチェックしておきましょう。

きちんとマナーを守って贈り物をすれば、あなたの感謝の気持ちがグッと伝わりますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
4歳の女の子と2歳の男の子のママ。 日々、子供たちと生活をしていると感動や喜びはもちろん、困難も多々起きます。 私がふたりの子供を育てながら学んだことや、ママのための美容やファッション・お出かけ情報まで、ブログを通して発信しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA